南北朝鮮が策す「中国外し」

米国ベタ降りに乗じて、ソウルを抱きよせる金正日。次は日本につきつける賠償請求書か。

2007年11月号 GLOBAL [半島ディプロマシー]

  • はてなブックマークに追加

10月3日、朝鮮半島に関する二つの重大ニュースが世界を駆けめぐった。前日平壌入りした韓国の盧武鉉(ノムヒヨン)大統領が金正日(キムジヨンイル)国防委員長と会談を行った一方で、中国の武大偉外務次官が北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の合意文書「共同声明の実施のための第2段階の措置」を発表したのである。2000年の金大中(キムデジユン)大統領訪朝から7年。史上2回目の南北首脳会談は、7月上旬から水面下の接触で討議され、8月初旬には開催の合意にこぎつけたとされる。当初は8月28日から3日間の日程で行われる予定だったが、北朝鮮の「水害被害」を理由に延期されていた。翌4日午後に署名、発表された南北首脳会談の合意文書は「南北関係発展と平和繁栄のための宣言」というタイトルだった。「平和繁栄」は盧武鉉が大統領就任以来一貫して推進してきた対朝政策のスローガンである。宣言のタ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。