三洋電機の「救世主」は京セラか船井電機

稲盛和夫75歳、船井哲良80歳。老境のカリスマが、互いに譲らぬぶちかましに出そうな雲行きだ。

2007年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

液晶テレビの快進撃でソニーや松下電器産業と肩を並べる大手電機メーカーとなったシャープが、中堅AV(音響・映像)メーカーのパイオニアの筆頭株主になることが決まった。7月には同じく中堅の日本ビクターとケンウッドが2008年度中の経営統合で基本合意。電機業界の本格的な再編機運が高まるなか、次の焦点は三洋電機だ。三洋はリストラにリストラを重ねてきたが3期連続で最終赤字を計上。とりわけひどかったのが06年度。その前の期に米ゴールドマン・サックスと大和証券SMBC、三井住友銀行から合計3千億円の資本注入を受けて不良資産を落とし、「3期ぶりの黒字は必達目標」とうそぶいていたのに、あっさりと450億円もの最終赤字を計上した。業を煮やしたゴールドマンなど3社はいよいよ解体を決意。半導体事業と携帯電話事業の売却方針を決めた。残る事業は世界シェアトップの二次電池と冷熱機器程度。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。