トヨタ脅かす「怪物」デンソー

今や売上高3兆6千億円の世界に冠たる下請け部品メーカーが、親の心子知らずで独り歩きを始めたら……。

2007年11月号 BUSINESS [操縦不能の下請け]

  • はてなブックマークに追加

1969年から毎月1回、愛知県豊田市のトヨタ自動車本社では、グループ主要企業の社長が集まる「朝の会」が開かれる。円卓を囲んで座る出席者。議長席に座るのはトヨタ社長の渡辺捷昭だ。その横をグループの源流である豊田自動織機、愛知製鋼など会社の歴史が古い順に並ぶ。トヨタに次ぐ事業規模であっても、デンソー社長、深谷紘一の席は議長席から一番遠い場所にある。グループの「長男格」でありながら、トヨタとは最も離れた存在。今も残る古い序列は、トヨタとデンソーの微妙な関係を象徴している。トヨタの強さを語る時、必ず引き合いに出されるのが系列の部品メーカー、デンソーの存在だ。社名の元となった電装部品をはじめ、カーエアコンやカーナビゲーションなど世界1位の製品は数多い。目立つことを極端に嫌う地味な会社だが、高い技術力を背景に今では素材から半導体の開発・生産までを手がける ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。