惨澹たる「トヨタF1」 ファンの怒声浴びる

2007年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

F1の日本グランプリが三重県の鈴鹿サーキットを離れてトヨタ自動車が所有する富士スピードウェイで9月末に行われたが、散々な結果に終わった。レースの成績ではなく、大会運営があまりにもお粗末だった。マイカーの乗り入れを禁止し、ファンをバスで送迎したが、15万人ものファンを限られた時間内に輸送するのは無理があり、渋滞がひどく、おまけに道の一部が陥没してしまった。4、5時間も通行止めになり雨が降る寒い中でファンは待たされた。さらに仮設スタンドは傾斜が緩やかすぎてレースが見えなかった。このためチケットを払い戻した。堅実経営で知られるトヨタにしては、信じられないようなミスが重なってしまった。選手やファンは怒り心頭に発し「二度と富士へは来たくない」と叫んだとか。トヨタはF1開催をホンダの鈴鹿サーキットから富士へ「強奪」する形で持ってきたが、この体たらくでは「世 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。