みずほ銀行に「ムシられた」 大黒屋社長の激白

3億8千万円の顧問料を取られたうえ、上場ゾンビ3社とのM&Aで踏んだり蹴ったり。「利害相反」の疑いもある。

2007年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

中古ブランド品の大手質屋「大黒屋」の斎藤武社長が沈黙を破った。「みんながハッピーになるはずのスキームでした。そのようにみずほ銀行から説明を受け、売却に同意したんです。でも、結果はみんながアンハッピー。できればもう一度、振り出しに戻したい」斎藤氏は大黒屋をシステム開発企業「ディーワンダーランド」(Dワンダー)に売却したことを悔い、訴訟も検討しているのだ。この売却を橋渡ししたみずほ銀行と、業績不振の上場3社――橋梁メーカーの「サクラダ」(東証1部)、産業用照明器具メーカーの「森電機」(東証2部)、Dワンダー(ジャスダック)が、未上場の大黒屋を巻き込んで再生を図ろうとしたスキームへの不信が、そこにあらわに見えていた。なぜアンハッピーなのかに触れる前に、このM&A(企業の合併・買収)をおさらいしておこう。このスキームの怪しさは本誌(07年7月号、8月号)が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。