トヨタが専務引き抜きに感謝

2007年11月号 連載 [人事 HUMAN FACTOR]

  • はてなブックマークに追加

トヨタ自動車のジム・プレス専務が9月、米クライスラーの社長に引き抜かれた。トヨタが初の外国人取締役に抜擢してからわずか3カ月足らず。経営陣はメンツをつぶされた格好だが、関係者からは「逆に良かった」と意外な反応が出ている。プレス氏は米フォード・モーターを経て、1970年に米国トヨタ販売に入社。米国内でトヨタを「ビッグスリー」に匹敵するブランドに成長させた立役者の一人で、昨年、米国事業を統括するニューヨークの北米トヨタ社長に就任していた。親分肌で販売会社からの信頼も厚い一方、米国人社員から「テンノー(天皇)」と呼ばれるなどワンマンとしても知られた。北米担当の日本人専務との確執も噂され、「このままでは日本のコントロールを離れて、北米トヨタが暴走するのではないか」との懸念も出ていた。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。