米系IT2社でトップ交代

2007年11月号 連載 [人事 HUMAN FACTOR]

  • はてなブックマークに追加

米系IT企業の日本法人トップが来年相次いで入れ替わる。まずはアマゾン・ジャパン(東京・渋谷)。2001年4月から社長を務めてきたジャスパー・チャン氏が年明けにも交代する見通し。日本での事業が軌道に乗り、仮想商店街への参入なども果たしたことで、米本社が後任探しに入っている。氏は1986年に香港大を卒業後、キャセイ・パシフィック航空に入社。当時の香港の政局不安から87年にカナダへ移住し、消費財最大手米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)のカナダ法人に転職した。P&Gでの経験を買われ、アマゾン.ジャパンへ移り、事業拡大に一役買ったわけだが、その役割はすでに終わったとされる。同社は、M&A(合併.買収)スキルなど財務に精通した人物を求めているようで、楽天買収など大掛かりな戦略を取りたい考えの模様。次は日本オラクルの新宅正明社長だ。2000年8月に現職就任以来、拡大路 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。