次官候補不在の農水省

2007年11月号 連載 [人事 HUMAN FACTOR]

  • はてなブックマークに追加

「10年に一人の大物次官」といわれた小林芳雄農水次官が9月、農政の混乱の責任をとって突然辞任し、後任の次官に白須敏朗・水産庁長官が昇格した。小林氏は73年入省。「空前の人材豊作」の年と呼ばれ、故須賀田菊仁・元経営局長や、国政に転じて民主党で農業政策をすべて立案している篠原孝・衆院議員らも入省した。エース級ぞろいの中でも、小林氏と須賀田氏の能力の高さは別格。政界や他省庁から一目も二目も置かれるこの2人を早く次官にして、農政を切り盛りさせることが農水省の人事の基本方針だった。しかし、須賀田氏はがんで今年初めに死去。さらに小林氏が辞任に追い込まれたことで、「どこに出しても恥ずかしくない人材」(大臣官房幹部)が、上層部から消えてしまった。白須氏の昇格は明らかに「つなぎ」の人事。早め早めに交代して、「人は悪いが、頭は抜群にいい」と評判の奥原正明・食糧部 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。