メディカルスクール構想に例によって医師会が抵抗

2007年11月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

通常の大学卒業後に入学する4年制の医科大学、メディカルスクールの検討が東京都で行われている。8月に第1回のメディカルスクール有識者検討会が開催され、今年度中に「実現に向けた提言」をまとめる予定だ。日本では聞き慣れない教育制度だが、アメリカでは医師養成をメディカルスクールが負っている。理系、文系を問わず大学卒業者が入学して徹底的な医師養成の実践教育を受け、医師資格を得るシステムだが、海外での注目度は高い。大学で優秀な成績を修め、ボランティア活動も評価対象となる。大学から推薦を受けた学生に面接重視の入試を行い、選抜された医師の卵を患者本位の臨床実習で鍛えるアメリカ型医学教育のメリットは、日本国内でも指摘されてきた。都の構想は、多様なジャンルからの学生に4年間で実習中心の医学教育を叩き込み、頭でっかちや患者軽視、技術不足とは無縁の医師づくりをめざ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。