諸葛亮<上>

三顧の礼に感激する

2007年11月号 連載 [第二の男]

  • はてなブックマークに追加

中国は紀元184年、黄巾の賊が一斉蜂起した。後漢王朝十二代霊帝の御世だ。信仰集団の太平道を組織した張角が、農民ら数十万の信徒を集めて起こした大反乱である。後漢は六代安帝のころより落日の勢いを速める。宮廷では外戚と宦官が争い、天災と飢饉が世情を不安定にし、暴動・反乱が頻発していた。張角はすぐに死ぬが、動乱は続き、賊を制圧する過程で群雄割拠となり、曹操、袁(えん)紹(しよう)らが頭角を現した。そこに劉備が登場する。前漢皇室の後裔を称して人徳もある彼は、豪傑の義兄弟、関羽・張飛と優れた軍師の諸(しよ)葛(かつ)亮(りよう)(孔明)らに助けられ、多難を切り抜け、荊(けい)州を基盤に蜀を攻め取り、蜀の皇帝になって魏・呉・蜀の三国鼎立を実現する。血わき肉躍る『三国志』の世界だが、世に知られた物語は史実ではない。『三国志』は、晋の歴史編纂官の陳寿が編集 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。