インド洋での臨検は違法行為か

2007年11月号 連載 [「軍略」探照灯 第19回]

  • はてなブックマークに追加

防衛省はインド洋北西部、アラビア海で行われている「海上阻止作戦」に参加を続けるため「給油新法」の制定をめざし、世論工作に懸命だ。防衛省が配布している広報資料は海上阻止の実績として「不審船への立ち入り検査約1万1千回以上」を誇っている。だが立ち入り検査(臨検)は違法行為の疑いがある。現在、海上阻止には6カ国(日、米、英、仏、独、パキスタン)の17隻が参加している。哨戒している海域は主にペルシャ湾口の外側のオマーン湾と紅海の出入り口に当たるアデン湾で、テロリストや武器を運んでいないか、もっぱらダウ(近海貿易用のエンジン付き木造帆船)を監視、無線電話やスピーカーで呼びかけ、応答に不審があれば停船させて乗り込み、書類や積み荷、乗員、乗客を調べている。日本の補給艦と護衛艦各1隻は、中間地点のアラビア半島南東沖を巡航し、他国の軍艦への給油に当たっている。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。