西本願寺が戦争責任認め、「宗制」改正

2007年11月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

意外なことに近代国家日本と伝統仏教教団は、いくつか似たところがある。よく知られているのが、浄土真宗本願寺派(西本願寺)と国家のシステムだ。西本願寺は明治初期、欧米における政治制度の考え方を取り入れ、立法組織である宗会と、官僚組織である宗務所という組織をつくった。宗会の成立は、帝国議会が開設される約10年前の1881年。明治政府のシステムは、実は西本願寺をモデルにしたともいわれている。その西本願寺で、宗派のシステムそのものを抜本的に見直す大きな出来事があった。9月20日の臨時宗会で可決された最高法規「宗制」の改正である。10月1日付の本願寺新報は、1面トップから2面、3面を使って、その要点を伝えている。不二川公勝総長の挨拶によると、宗門の形態を定めるもう一つの最高法規が「宗法」であり、「宗制」はその根拠になる存在。「宗法」が時代によって移り変わるもので ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。