三井住友の子会社みなと銀行で迂回融資疑惑

2007年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

三井住友銀行の子会社で、第二地銀のみなと銀行(本店・神戸市)が不祥事で揺れている。9月5日、朝日新聞が1面で迂回融資の疑いがあることをすっぱ抜いたためだ。報道によると、みなと銀行は06年2月、倒産寸前だった大阪府枚方市の医療法人「加樟(かしよう)会」に約3億3千万円を運転資金として融資。同院は、施設の目的外使用などの違反があり、院長の保険医登録が取り消されるなどの杜撰な管理体制にあった。さらに、みなと銀行は2か月後の4月、神戸市西区の社会福祉法人「祉友(しゆう)会」にも2億6千万円を融資。日新信用金庫(本店・兵庫県明石市)も同時に1億円を協調融資した。祉友会は得た3億6千万円のうち、3億3千万円を加樟会の口座に振り込み、加樟会はその3億3千万円をすぐにみなと銀行に返済したという。加樟会は06年7月、約43億円の負債を抱え、民事再生法の適用を申請したが、みなと銀 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。