原 良也氏 大和証券グループ本社会長

市場にも企業にも「わかりやすさ」

2007年11月号 連載 [経営者のひきだし 第19回]

  • はてなブックマークに追加

企業の不祥事や投資関連の事件が後を絶たない。その都度、法令や規則の複雑さが、浮き彫りになる。日本のルールには「わかりやすさ」が欠けている。どうも、複雑なほうが上等だ、と思うむきがある。だが、複雑だと、取引が不透明になりがちで、ルール違反を隠しやすい。9月30日に完全施行された金融商品取引法も、株式や債券以外の多様な金融商品も一つの法律で規制する仕組みにしたのは結構だが、中身は複雑で、わかりにくい。「道在爾、而求諸遠」(道は爾(ちか)きに在(あ)り、而(しか)るにこれを遠きに求む)中国の古典『孟子』にある言葉。「歩むべき道は身近なところにみつけられるのに、人はわざわざ高遠なものを求めてしまう」――人生の原理は平凡な常識の中にあるのに、わざわざ複雑に考えると到達は遠のいてしまう、といった意味だ。大切なのは「わかりやすさ」。それは、決して難しいこ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。