キヤノン――御手洗「参考人」で大揺れ

身から出た錆か。民主党の国会招致でつるし上げの危機。政治音痴を露呈した経団連会長企業の屈辱。

2007年11月号 BUSINESS [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

前代未聞である。10月3日の衆院代表質問で、民主党幹事長の鳩山由紀夫(60)は新首相福田康夫(71)に要求した。「偽装請負問題に関連し、御手洗冨士夫・日本経団連会長(キヤノン会長、72歳)の参考人招致を求める」福田の答弁は「国会の運営は国会が決めること。私から申し上げるべきではない」と恬淡としたもの。衆院で与党が応じなければ、野党は参院で実現をめざす構えで「財界総理が国会でつるし上げ」という前例のない事態が現実味を帯びてきた。実態は派遣労働なのに業務請負を装う「偽装請負」は格差社会の象徴とされているが、日本商工会議所の山口信夫会頭(82)は4日の会見で「財界の代表だから、国会の場でないところで解決したほうがいい。政局にされるのは気の毒」と同情した。では、御手洗会長は招致を受けたらどうするのか。本誌がキヤノンに問い合わせたところ「参考人招致は国会で決 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。