「新世代ネット」構築が旗印

2007年11月号 連載 [CHALLENGER]

  • はてなブックマークに追加

10月2日、幕張メッセのイベントホールが、大阪から乗り込んできた宮原秀夫氏(64)の事実上のお披露目の舞台になった。8月25日まで大阪大学総長をつとめ、9月1日から東京の独立行政法人「情報通信研究機構」(NICT)の理事長に転じたばかりである。NICTは旧郵政省の旧通信総合研究所と旧通信・放送機構が04年に統合した研究機関である。幕張で開かれた電子機器展示会「CEATECジャパン2007」にブースを出展したNICTは、初日の2日にスーパーイベントとして講演会を開いた。そこで行われた新理事長の講演は、宮原NICTの施政方針演説だったと言える。宮原氏の専門は情報ネットワーク学。インターネット草創期に、パケット交換技術の優位性を理論的に証明し、その後もLAN網の研究などを手がけている。ネットワーク学の第一人者だけに、講演のタイトルも「新世代ネットワーク構築への道――先端科学技術の必要性 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。