ついに年貢の納め時ユニマットの「高橋洋二」

渋谷スパ爆発事故で6人を死傷させた「日本一のお金持ち」。女性専用サラ金オーナーに捜査のメスは入るか。

2007年10月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

「金持ち相手のビジネスをするな。貧乏人にどう金を使わせるか、それを考えろ」ユニマットグループ総帥の高橋洋二氏(64)が口癖のように部下に言っている言葉だ。ユニマットグループは東証1部上場のユニマットライフやカッシーナ・イクスシー(ジャスダック上場)、大沢商会のほか、飲食店、ゴルフ場、リゾートホテル、美術館、果てはキャバクラまで傘下に収める一大コンツェルンである。その総帥の高橋氏は高額納税者番付上位の常連。2001年には納税者番付トップの「日本一のお金持ち」(納税額約68億円)になったことでも知られるが、むしろ今年6月19日に渋谷の温泉施設「シエスパ」のガス爆発事故でグループの女性従業員6人を死傷させた会社のオーナーと言ったほうがわかりやすいだろう。

「女は取りっぱぐれがない」

事故の犠牲になったアルバイト従業員・千財明菜さんの父親は「事故は人災で娘は殺された。高橋氏からは事故 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。