創価学会惨敗に沸く佼成会ら反対陣営

2007年10月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

立正佼成会の教団紙「佼成新聞」は8月5日号(週刊)で、参院選の総括記事を掲載した。「政治に対する基本姿勢示す」という見出しの下、1面トップから2面までさまざまな記事を展開している。佼成会は比例区3人、選挙区34人を推薦し、比例区が全員、選挙区では31人が当選した。同紙には、比例区の大島九州男(民主)、風間直樹(同)、川口順子(自民)各氏の顔写真つき御礼談話が、同じ大きさで仲良く並ぶ。コラム「春秋雑記」は「全国の青年部員が参政権(棄権防止)を呼びかけ、会員一人ひとりが主体的に貴重な一票を投じた結果でもある」と総括した。こうした一連の記事は、普段政治を書くことが少ない新聞だけに、異例なほど大きな扱いという印象を受ける。背景には、長年ライバル関係にある創価学会の惨敗という「うれしい事実」がある。立正佼成会は2006年、政治とのかかわりを示した「政治への取 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。