日本文学研究家 サイデンステッカー 氏

皮肉の奥の素顔

2007年10月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

新聞記事の末尾に加える肩書き流にいえば、E・G・サイデンステッカーさんは「日本文学研究家・翻訳家、コロンビア大学名誉教授」ということになるのだろう。確かに、日本人が先生の名を特に深く記憶しているのは、川端康成のノーベル文学賞受賞が、もっぱら先生の名訳の力によるものだったこと、それに『源氏物語』の英訳として、すでにアーサー・ウェイリー訳が、古典的名訳という声価を確立したにもかかわらず、必ずしも原作に忠実でないことを不満とし、あえて新訳を発表するという、大胆な企てを実現されたということだろう。それに後半生は、スタンフォード、ミシガンなどの大学で日本文学を講じ、最後はコロンビア大の教授で終られたのだから、先程の肩書きは、もちろん正確には違いない。だがこの肩書きから、物静かで学究的な人柄を連想するとすれば、それは必ずしも正確ではない。先生の経歴は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。