米国利下げ「股裂き」の窮地

前任グリーンスパンの「負の遺産」がサブプライム危機。FFレート下げのジレンマに悶々とするが。

2007年10月号 BUSINESS [バーナンキ金融政策]

  • はてなブックマークに追加

「バーナンキの歌」――8月31日付の米経済紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、そんなタイトルの社説を掲げた。ニヤリとした人もいたろう。旧約聖書をもじったパロディー文体だからだ。「カントリーワイドの館より、嘆きの声ぞ聞こえたり。ドッドとシューマーの地より、世論調査の歯ぎしりあり。ベア、リーマン、クレーマーの王国より、イタリア服の破れものあり。栄光ある慈悲深きFRBよ、正義の手をわれらが敵に下せ」この擬古文を一読して意味がわかるのは、相当なウォール街通である。「カントリーワイド」とは、サブプライムローン(信用度の低い個人向け住宅融資)問題に揺さぶられる住宅ローン最大手の社名、「ドッドとシューマー」は金融族の米上院議員のことであり、ベア、リーマンは投資銀行、クレーマーは有名投資家の名だ。どれもサブプライム絡みで、最近の経済ニュースに名が躍った ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。