農林中金――「農」衰退でファンド化

消えた日興プリンシパル買収。米ファンドの横車で見えた「総資産68兆円」の巨艦の二つの顔。

2007年10月号 BUSINESS [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

トホホの外れスクープだった。8月10日、日本経済新聞が1面トップで報じた「農林中金、日興プリンシパル買収へ」の記事である。いつのまにか立ち消えになった。日興プリンシパル・インベストメンツ(NPI)は、大手証券「日興コーディアルグループ」の投資子会社で、利益水増しと金融庁の課徴金処分で一躍注目を浴びた。結局、コーディアルの有村純一社長と、NPIの平野博文会長が引責辞任し、コーディアルに米シティグループがTOB(株式公開買い付け)を仕掛けて4月に株式の60%強を握ったことは、今や誰もが知っている。日経によれば、農林中央金庫(農中)の上野博史理事長が5月に渡米、シティのチャールズ・プリンス会長兼CEO(最高経営責任者)に会い、NPI買収を申し入れたという。プリンス会長からは「日本で私のキャッチャーになってほしい」と色よい返事を得たことになっている。スクープ記事では ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。