「ニッチ企業」信越化学が強い理由

手練の81歳社長が陣頭指揮。目立たぬ「黒衣」ながら、時価総額は業界トップだ。

2007年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

化学大手の信越化学工業が絶好調だ。2007年3月期連結決算では、売上高が4年連続で過去最高を更新して1兆3047億円。営業利益は2410億円、純利益は1540億円で、ともに12年連続の最高益だった。とくに利益はこの3年間で倍増。これが企業価値を示す時価総額を3兆6427億円(9月6日現在)という国内化学業界トップに押し上げている。時価総額は、傘下に三菱ウェルファーマなどの医薬も抱え、売上高で国内首位の三菱ケミカルホールディングスの約2倍。住友化学、三井化学、旭化成といった大手と比べても3~5倍になる。6月の株主総会で事前警告型の買収防衛策を導入したが、金川千尋社長(81)は「買収者に今の経営陣の代わりはいないと思わせるほうが大事」と自信満々だ。好業績を支えているのは、半導体に使われるシリコンと、日本では嫌われ者の塩化ビニルの事業だ。どちらも最終製品ではなく、産業界の「黒 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。