大和ハウス会長の「経営極意」

『熱湯経営 ――「大組織病」に勝つ』

2007年10月号 連載 [BOOK Review]

  • はてなブックマークに追加

非常に平易に書かれた「経営哲学書」である。平易だが、熱意、熱気が伝わってくる。著者は、住宅業界の「勝ち組」と言われる大和ハウス工業の現役会長。経営者として、人間として成長するプロセスで、現場での成功や失敗から汲み取ったことを具体的に著している。経営は「科学」であるとの見方がある。財務諸表、市場調査などの分析データを重視して戦略を練る。しかし、戦略と実行の間には「溝」がある。その「溝」を埋めるのは、経営者や社員の熱意であることを、著者は強く意識しているように見える。会社を思う熱意があればこそ、厳しい決断もできる。またその熱意が部下に伝わり、やる気を誘発する。本書のタイトルには「熱湯」と付いているが、これは「熱意」という意味としても受け止めることができる。同社の専務だった著者が、債務超過寸前の子会社社長就任を命じられる場面からストーリーは始 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。