「みずほ」が貪ったみちのく銀行

みずほ銀の植民地同然の地銀が、みずほCBに有利な条件で資産譲渡。金融庁も利益相反をマークしている。

2007年10月号 BUSINESS [続出する利益相反疑惑]

  • はてなブックマークに追加

みちのく銀行(通称、みち銀)が、テレビ東京の「ガイアの夜明け」で麗々しく取り上げられたのは2004年4月。青森を本拠とする地方銀行が、邦銀で初めてロシアで銀行免許を取得し、新天地へ旅立つ姿を感動的に描いていた。思えば、あれが頂点だった。翌年、みち銀は危機に陥る。行員の連続不祥事(着服・詐取)や不正融資、さらには、前代未聞の顧客情報漏洩事件を起こし、東北財務局の業務改善命令に加えて、金融庁から早期是正措置を食らった。05年6月、「中興の祖」といわれた大道寺小三郎会長(当時80歳、05年7月没)ら8人の役員が辞任に追い込まれた。窮したみち銀は、親密な関係にあるみずほフィナンシャルグループの旧富士銀行系人脈に助けを求める。みずほグループ総帥の前田晃伸社長は、当時ユーシーカード社長を務めていた上杉純雄・旧富士銀行元常務に白羽の矢を立てた。みずほ側は上杉を会長 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。