宮原秀夫NICT理事長があっと驚く「隠し玉」人事

2007年10月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

大阪大学総長から独立行政法人・情報通信研究機構(NICT)の理事長に就任した宮原秀夫氏が、東京のインターネット関係者をあっと言わせる「隠し玉」人事を用意していることが明らかになった。阪大サイバーメディアセンター長で、応用情報システム研究部門の下条真司教授を、NICTに転籍させようというのだ。下条教授は、関西で先端的なインターネット技術の開発、実験を進める「サイバー関西プロジェクト」(CKP)の要の人材。宮原理事長自身、CKPの会長であり、一緒に上京しないかと下条教授を口説いたらしい。東京では慶応大学湘南藤沢の村井純教授らのWIDEグループが幅を利かせているが、研究実績のある「関西の雄」がNICTのある東京・小金井で旗揚げすれば、ネットは「藤沢対小金井」の二極時代になるかもしれない。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。