ベスト電器にTOB狙うヤマダ電機の「野望」

2007年10月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

家電量販最大手のヤマダ電機が、九州を地盤とするベスト電器に対し、「敵対的TOB(株式の公開買い付け)を仕掛ける」(家電量販店幹部)という観測が急浮上。ヤマダはすでにベストの発行済み株式の5.24%を市場外で取得。ヤマダ側は「純投資」と説明しているが、関係筋によると「この株式を引っ提げて提携交渉に入り、傘下に入れたい意向は明白だ」という。ヤマダの連結売上高は約1兆4437億円。小売業ではすでにダイエーを抜き、2兆円台も視野に入っているが、山田昇社長は「売上高2兆円は通過点」と豪語し、事業拡大に貪欲だ。ヨドバシカメラなどの独壇場だった都心の駅前にも出店を開始し、さらにはサトームセンやマツヤデンキの持ち株会社を買収している。今後もさらなるM&A(企業の合併・買収)戦略の強化を示唆している。ヤマダにとって、ベストの地盤である九州地区は特に手薄で、50店程度しかな ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。