鹿児島の名門「岩崎産業」が没落の瀬戸際

2007年10月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米・ティファニーの銀座本店が、ゴールドマン・サックスに売却された。売却金額は約3億2800万ドル(約380億円)。坪単価約1億8千万円は、銀座・中央通りに面した一等地とはいえ破格の値段。国内の地価は都心部から反騰し、8月発表の路線価でも、銀座、六本木などでバブル的な高騰ぶりだが、売り主のティファニーは銀座の物件を03年に1億4千万ドルで取得しているから、4年で1億8800万ドルもの売却益を手にしたことになる。この取引に歯ぎしりをしているのが、ティファニー・ビルの前の持ち主である岩崎産業だ。同社は鹿児島を代表する企業集団「いわさきグループ」の中核で、運輸、観光、燃料事業などを手がけ、オーナーの岩崎家は長く「鹿児島経済のドン」として振る舞ってきた。しかし、近年の同社の業績はジリ貧で、多額の有利子負債の返済に迫られ資産売却に追われていた。銀座のビルを店子だったテ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。