編集後記

2007年10月号 連載 [編集後記]

  • はてなブックマークに追加

げに凄まじきは中国、と肩をすくめたくなった。香港の盧四清氏が寄稿した「解放軍内も『江沢民派』一掃」(54~57ページ)の記事のことである。世に「三国志演義」のようなマユツバの中国論はいくらもあるが、現在進行形で胡錦涛vs江沢民の人事抗争の内幕を見せつけられると息をのむ。軍に根を張った前任者の基盤を、爪を剥ぐ拷問のように一つ一つむしる冷酷さ。虫も殺さぬ顔の後継者の前で、江沢民の笑顔は凍りついている。▼やはり権力は悪なのだ。それに比べて、日本のお坊ちゃん宰相のむくんだ顔が痛ましい。稚拙な人事がたちまち馬脚を現し、自ら引導も渡せない胆力のなさ、見てくれだけの意志薄弱児であることを暴露した。権謀術数のイロハも知らず、鱗翅をもがれていくのは彼のほうなのだ。これじゃ、中国に対抗できません。▼覇道の中国は、いつ増長と慢心に陥るか知れない。いや、すでにその徴候 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。