「物静かな武闘派」増田総務相

舛添と並ぶ改造内閣の救世主。慎太郎にケンカを売り「第2の竹中」に大化けするか。

2007年10月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「内閣に入って協力してもらいたい」。8月16日夜。首相・安倍晋三は前岩手県知事の増田寛也を電話で懸命に口説いていた。増田は「私は地方行政や分権改革しか分かりませんから」と慎重に答えた。安倍にはそれで十分だった。参院選で痛撃を食らった「地方」対策の切り札。入閣は内閣改造の10日以上前のこの瞬間、内定した。身軽な内閣府特命相か、郵政民営化や通信放送も含め強大な権限を持つ総務相か。安倍は熟考の末、総務相に据えた。閣僚名簿の発表時にいの一番に名前が読み上げられ、建制順で第一位の格式を誇る総務相。異例の民間人抜擢にも自民党内の反発が目立たないのは、増田が「改革派知事」として3期12年、地方の現場で汗を流してきた実績だけが理由ではない。増田の助走は小泉前政権の終盤から始まっていた。まず昨年4月、当時の総務相・竹中平蔵が国と地方の税財政改革(三位一体改革)で ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。