厚労省が余計なお世話「新医薬品産業ビジョン」

2007年10月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

厚生労働省は8月下旬に5年ぶりに医薬品産業ビジョンを書き換え、発表した。前回のそれには日本発のグローバルメガファーマ(世界規模の巨大製薬企業)を2、3社と記したものの、今回は1社減らして1、2社とした。この5年間に世界の製薬企業の再編が進んだ。欧州各国のグローバルメガファーマは、例えば英国はグラクソ・スミスクラインとアストラゼネカ、フランスはサノフィ・アベンティス、ドイツはバイエル・シエーリングとベーリンガーインゲルハイム、スイスはロシュとノバルティスというように、まさしく1、2社に集約された。日本でグローバルメガファーマを目指すのは武田薬品工業、アステラス製薬、第一三共、エーザイのいわゆる4強。新ビジョンは、4強では多すぎるということだが、業界再編を推し進める政策や現実的なビジョンを、厚労省が打ち出せるのかとなると、はなはだ疑問。厚労官僚には産業 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。