ドコモの元会長が知恵袋 増田総務相は反NTTか

2007年10月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

総務相に抜擢された前岩手県知事の増田寛也氏(55)の放送・通信行政での舵取りが注目されている。竹中平蔵、菅義偉両元総務相は既得権者側に厳しかったが、その路線を踏襲するのか、未知数だからだ。就任当初は「旧郵政官僚らに『丸投げ』するだろう」とみられていたが、知恵袋に意外な大物をもつことが判明し、業界を慌てさせている。その大物とはNTTドコモの元会長、大星公二氏(75)。「iモード」の生みの親でドコモを育てた大功労者だ。大星氏は現在、盛岡市にある地域シンクタンク、東北地域経済開発研究所の会長の座におさまっており、増田氏は知事時代から、東大法学部の先輩でもある大星氏の助言を受けてきた。「総務相のアドバイザーが大星さんではNTTは冷や冷やもんでしょう」と新電電関係者は言う。大星氏はNTT常務まで務めながら、派閥抗争にあって1992年にNTT移動通信網(現NTTドコモ)に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。