「不人気」新興6市場再編へ証券業界が動く

ジャスダック、マザーズ、ヘラクレス……乱立と不祥事で信を失ったが、年内に改革案。

2007年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

株価の低落、不祥事の続出で、投資家がそっぽを向いている日本の新興株式市場に、ようやく改革の動きが出てきた。年末までに日本証券業協会(日証協)が改革案をまとめ、全国の証券取引所に同調を働きかける。米国のサブプライムローンの不良債権化に伴う株価動揺の陰に隠れて目立たないが、日本のベンチャー企業育成と「貯蓄から投資へ」の流れに影響する問題だけに、関係者の力量が試される。本格的な再編にまで踏み出せるか、再生への「最後のチャンス」になるかもしれない。再編の動きが表に出たのは7月27日。「新興市場を含めて取引所は多すぎる。差別化もできていない。どういう体制を目指すべきか、総合的に絵を描きたい」――日証協の安東俊夫会長が大阪で開いた記者会見でこう発言し、証券界を揺さぶった。日証協は新興市場の一つ「ジャスダック」の株式を、前身の店頭株式市場を管理していた経 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。