化けの皮剥がれた中国株ブログの「神様」

個人投資家の兄貴分を自称。絶大な人気を誇ったが、有料投資指南が不法とされ、あえなく転落。

2007年9月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

「潮が引いてから、誰が裸で泳いでいるか、初めてわかる」その台詞が「中国株のカリスマ」たらんとした王秀傑の十八番だった。自分のブログで繰り返し書いたし、マスコミやインターネットの取材を受けるときしばしば口にした。実は米国の「投資の神様」ウォーレン・バフェットの言葉である。いかにも彼のために言ったかのような引用は、自分の株式知識や運用能力は恥ずかしいものではない、というお墨付きを得たかったのだろうか。ところが、それも空しく7月4日、彼は吉林省の警察に不法経営容疑で逮捕された。このカリスマはなぜ登場し、なぜ転落したのか――。すでに株投資の口座数が1億を超えた中国では、「股民」と称する個人投資家が陸続と生まれている。彼らは別世界に住んでいて、「株の守護神」を渇望しているのだ。旧来メディアの新聞、雑誌、ラジオ、テレビでは間に合わない。今や神様はインタ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。