藤沢武夫<中>

私のロマンチシズム

2007年9月号 連載 [第二の男]

  • はてなブックマークに追加

ホンダを創った二人の男に共通する大きな要素は、貧しさによる屈辱や無念の思いを、ヒューマニズムに昇華させたことである。鍛冶屋の息子だった本田宗一郎は、金持の隣家で五月人形を見ようとして「お前みたいな汚い子は来ちゃいけない」と追い返された。「金によって人を差別するということは絶対に排撃する」「誰でも平等でなければならぬ」という信念の根源だ。藤沢武夫の父秀四郎は結城で代々続いた医家の生まれだが、祖父が早死にして廃業。苦労した父は、事業に失敗して上京する。藤沢が生まれたのは、1910(明治43)年11月10日、東京・小石川区(現文京区)、伝通院のそばだ。父は映画館で上映するスライド広告会社を興す。小学生時代は裕福だったが、私立京華中学に入学した年の関東大震災で会社は焼失。その後、映画館を経営するが倒産する。藤沢は、腕白少年の本田とは反対に、体は大きいが病 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。