柏崎原発「廃炉」リスク複雑過ぎる再開プロセス

中越沖地震の想定外の加速度でも大事は防げた。だが、冷静な専門家の目で見た、ほんとうの問題は…。

2007年9月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

7月16日に起きた新潟県中越沖地震は、柏崎刈羽原発に深刻な打撃を与えた。幸い原子炉の安全システムが機能して、最悪の事態は避けられた。しかし地震直後の変圧器火事以降、使用済み燃料プールからの水漏れ、微量な放射性物質の放出などが続いたため、周辺の住民にも不安が生じた。7基すべてが停止中で、再開の見通しは立っていない。設計どおり機能した点は何で、見直さなければいけない点は何か。エネルギー供給や環境対策に影響は? 冷静に評価することが重要だ。今後の課題に絞ってまとめてみた。Ⅰ 再開の時期 柏崎原発は、どの程度停止状況が続くのか。まず全7基において、原子炉全体の安全システムに支障がないか、構造物や機器の点検を実施することが最優先となる。それと同時に、活断層の再調査を行う必要もある。改修・補強工事が必要となる可能性が高い。その場合、安全許認可手続きが必要 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。