元ソニー取締役 黒木靖夫氏

ウォークマンの魂

2007年9月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

「ウォークマンの本質を最初から理解していたのは、井深(大)さんと盛田(昭夫)さんのおふたりだけです。そしてウォークマンが多くのユーザーから受け入れられると確信していたのは盛田さんだけでした」そういうと、黒木靖夫は微笑んだ。私が、「ミスターウォークマン」と呼ばれた黒木に初めて会ったのは、彼がソニーを依願退職し、個人事務所を開いた数年後のことである。そのとき、黒木は一生忘れられない言葉を教えてくれた。「テープレコーダーは売れても、テーププレーヤー(音楽再生機)なんて買う人間はいない」それは、ソニーの役員会で反対派の役員が掲げた最大の反対理由だった。2人の創業者以外、社内の賛成者は皆無と言ってよかった。日米の販売部門の責任者は、ウォークマンの販売促進費を出し渋ったし、社内も冷ややかだった。やむなく盛田はコンバット部隊(専用の販売部隊)を立ち上 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。