安倍の勝負手「牛尾生産性協議会」

大物財界人を揃え成長力戦略の目玉作り。成否は首相の指導力にかかっている。

2007年9月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

参議院選挙で歴史的大敗を招き、瀬戸際に追い込まれた安倍首相は、経済成長戦略の加速で巻き返そうと必死だ。焦点は、製造業と並ぶ「双発の成長エンジン」とされながら、欧米などに比べると見劣りするサービス産業のてこ入れである。首相の縁戚にあたるウシオ電機会長らを後ろ盾にし、首相は起死回生の勝負に出ようとしている。「反省すべき点は反省しながら、経済成長を進めて景気回復を国民に実感してもらう。その使命を果たすことが私の務めだ」続投を決めた安倍首相は、こんな発言を繰り返す。口調からは、経済成長の加速を実現すれば、国民の支持をいずれ取り戻せるという信念がうかがえる。参院選では、構造改革の痛みが出た地方の1人区で目を覆うほどの惨敗を喫した。それゆえに、「改革の影に光を当てる必要がある。これまで目指してきた政策の方向は正しい」と首相は意を強くしているという。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。