平岩「お別れ会」単独開催 微妙な東電と経団連

2007年9月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

7月23日に行われた平岩外四氏のお別れ会が、日本経団連との共済とならず、東京電力の単独開催となったことが、財界で話題となっている。平岩氏は経団連名誉会長で、東電は新日本製鉄とともに経団連を支えている主要企業。「東電に共催を打診したが断られたようだ」(経団連幹部)。そこから「東電と今の経団連の関係は微妙になっているのではないか」との観測が流れている。経団連のある副会長は「共催になると御手洗会長がお別れの会の共同委員長になるから、東電としては共催を避けたかったのだろう」と解説する。事実、御手洗氏は経団連会長になるまで平岩氏と面識がなく、会長になってからも「3回か4回、短い面談をしただけ」(東電関係者)。その程度の付き合いしかない御手洗会長に、共同委員長を依頼するわけにはいかなかったようだ。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。