シティが頭を抱える消費者金融CFJの後始末

2007年9月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

世界最大の金融コングロマリット、シティグループ傘下の消費者金融会社CFJ(本社・品川)の動きが注目を集めている。消費者金融業界では払い過ぎた利息の払い戻しを求める過払金返還請求が急増。アイフル、アコム、武富士、プロミスの大手4社は2007年3月期に計1兆円を超える最終赤字に追い込まれた。非上場ゆえ詳細は不明だが、CFJも数千億円の引き当て不足があるのではないかとされ、金融持ち株会社の上場をめざす同グループのアキレス腱になっているようだ。CFJは中堅消費者金融のアイク、ディックファイナンス、ユニマットライフの3社が合併して誕生。現在は店舗来店型の「ディック」と女性専用振り込みローンの「ユニマットレディス」の2ブランドで営業展開している。貸付金残高は1兆円弱と大手4社に次ぐ規模を誇るが、中堅消費者金融に対するM&A(企業の合併・買収)を繰り返して業容を拡大させた ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。