「プラズマTVの父」が新会社

2007年9月号 連載 [CHALLENGER]

  • はてなブックマークに追加

テレビが劇的に変わろうとしている。超大型で薄くて高画質。スポーツや映画どれをとっても、画面上のリアルさは増した。松下電器vsシャープに代表されるように、プラズマと液晶がしのぎを削っている。世界規模で熾烈な開発競争が繰り広げられているこの業界に、強力な技術型ベンチャー企業が参入した。プラズマテレビの「生みの親」として世界的に有名なエンジニア、篠田傳(つたえ)氏(59)が率いる「篠田プラズマ」である。篠田氏は広島大在学中から画面に使うプラズマ・ディスプレー・パネル(PDP)の可能性に着目。1973年に富士通へ入社後は、明石工場に勤務し、大半を研究畑で過ごした。同工場の前身は「西のソニー」といわれた神戸工業。ノーベル賞を受賞した江崎玲於奈氏を生んだ名門で、自由な気風があった。篠田氏は研究に没頭した。業績はめざましい。92年に世界初の21インチフルカラーPDPを ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。