「オール電化」にたじろぐ大阪ガス

客の奪い合いは関東の比ではない。犬猿の仲、関電vs大ガスの縄張り争いは想像を絶する。

2007年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

6月7日、かつての商都大阪の栄華をしのばせる重厚な建物、綿業会館(1931年竣工)前で大阪市の関淳一市長、大阪商工会議所の野村明雄会頭(大阪ガス会長)らが出席して、ガス灯の点灯式が行われた。大阪市中心部を南北に走り、商業集積地「船場」の名残をとどめる三休橋筋沿いに50基を設置する計画で、30基は大阪ガスが、20基は経済評論家の堺屋太一氏を囲む「うずの会」が寄贈した。ガス灯の輝きは式典参加者の郷愁を誘ったが、野村氏の心中はそう単純ではなかったはずだ。ガスの歴史は、ずっと電気に駆逐される物語だった。ガス灯はそのシンボリックな存在で、電力会社の「オール電化」攻勢に苦しめられている現状が、野村氏の脳裏をよぎったのではないか。文明開化に登場したガス灯は、やがて電球にとって代わられた。薪を燃やすかまどと釜のコンビをガス炊飯器に置き換え、普及させたが、こちらも火 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。