朝日新聞の広告が激減 減益でも増配のお家事情

2007年9月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

ふつうの企業なら、利益が減っているのに株式配当を増やすことなどあり得ない。が、朝日新聞はこの3月期決算で、広告収入の大幅な落ち込みなどで減収減益だったにもかかわらず、1株当たりの配当を年間60円(中間25円、期末35円)とし、前期に比べ10円増配にした。朝日の定時株主総会は6月26日、大阪・中之島のリーガロイヤルホテルで開かれ、議長の秋山耿太郎社長が第154期決算について説明。売上高は3875億2600万円で前期比3.7%減、経常利益が140億3800万円で同10.8%減だった。3期ぶりに減収減益となった前期に続く減収減益。収入減の最大の原因は広告の激減だ。昨年10月に「広告緊急対策本部」を設置したが、朝日が得意とする不動産や旅行が振るわず、通信も不調だったことから、前期に比べ8%も落ち込んだ。広告減収は新聞各紙に共通しているが、特に朝日の場合、グレーゾーン金利広告の掲載を見送 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。