金融庁に睨まれた「りそな」 本社を日本橋へ強制移転か

2007年9月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

金融庁は先にりそなホールディングス(HD)の検査を終え、店舗運営やリスクコントロール、資産運用など業務全般にわたり、「管理不十分」との判断を示した模様。同庁は極めて異例の「再検査」も視野に入れ、りそなを厳しい監視下に置く方針だ。再検査で業務改善を確認できなければ、りそな経営陣は責任の明確化を迫られるだろう。検査結果の内容は一切明らかにされていないが、りそなは7月9日に98万件に上る顧客情報を紛失したと発表した。金融界の情報紛失件数としては過去最大になる。関係者によると、これは検査で発覚した不祥事のほんの一角であり、金融庁が杜撰な管理体制に業を煮やし、公表を促したという。その一方で、金融庁はロンドン・シティーを念頭に、東京・日本橋を世界的な金融街として再開発したい意向だが、外資系金融機関の間では丸の内や六本木の人気が高く、早くも日本版シティー構 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。