「居座る」ゴーン日産社長

2007年9月号 連載 [人事 HUMAN FACTOR]

  • はてなブックマークに追加

日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼CEOの「居座り」が確実となった。一時は退任説も流れたが、2007年度の業績が表面的には上向いていることなども続投要因。また、低迷が続く国内販売担当はすでに志賀俊之COOに押しつけていたが、雲行きが怪しい米国販売も07年度からは西川広人副社長に任せっきり。自らの責任を回避する体制を構築したことで、たとえ業績が悪化しても言い逃れができる。しかし、仏ルノーのCEOも兼務することについて最近、「兼職は利益相反に当たるのではないか」(大手メーカー関係者)との声が出始めている。ルノーの判断が日産の利益を損なう場合はどうなるのか。「法律論的にも興味がある」(同)昨年、ゴーン氏がGMとの提携に動いた際、GMの取締役になろうと考えていた同氏に対し、GMのワゴナーCEOが「米国でそんな利益相反をやったら、訴訟対象になりますよ」と囁いた、とされる ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。