恐るべき小沢の「次の一手」

野党過半数の参議院から何が飛び出すか。国政調査権にも証人喚問にも、タブーなし。

2007年9月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

民主党代表・小沢一郎が「野党が過半数を獲得できなければ政治家を辞める」と退路を断って臨んだ参院選。結果は「民主60議席・自民37議席」。消えた年金、相次いだ閣僚の事務所費問題や失言、さらに前農相・赤城徳彦の絆創膏騒動などが、自民党に大敗をもたらした。にもかかわらず、首相・安倍晋三は早々と続投宣言。自民党内が騒然とする中、小沢が公の場に姿を見せたのは選挙から2日後の31日だった。 場所は民主党本部6階。午前11時から始まった常任幹事会に、元気そうな姿を見せた小沢は、こんな第一声を発した。「皆さんの手助けをいただきありがとうございます。私事ですが、与野党が逆転できて、もうしばらく永田町でご厄介になると思います」大勢が判明した29日夜。小沢は「遊説疲れと風邪」(民主党代表代行・菅直人)を理由に報道各社のインタビューをすべて断った。勢いテレビ局は苦悩に満ち ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。