歴史的な惨敗でも創価学会は負けるが勝ち

2007年9月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

大苦戦が予想されたが、現職4人の黒星は想像を超えていた。公明党は神奈川選挙区で松あきら氏、埼玉で高野博師氏、愛知で山本保氏が落選。比例区も前回より86万票減らし、776万票にとどまり、党副代表の草川昭三氏まで落選した。目標の13議席を大幅に割り込む9議席という歴史的な惨敗である。テレビの選挙速報に登場した太田昭宏代表、北側一雄幹事長は顔色なく、「創価学会の皆さま」へのお詫びを口にした。こうした表立った場面で、公明党幹部が学会員向けの言葉を発するのはきわめて異例。「ひどすぎる結果」に、タブーを破らざるを得なかった。しかし、聖教新聞を読む限り不思議なほど惨敗感はない。確定票が出た翌日の7月31日、同紙は社会面で「公明党、比例区7人当選」と淡々とした筆致で選挙結果を伝え、脇見出しで「(落選した)愛知、埼玉、神奈川選挙区 過去最高得票の善戦」と強調した。参 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。