参院選でOBが全滅 「農協出身議員」頼みの農水省

2007年9月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

自民党が歴史的大敗を喫した参院選。国会議員の輩出源となっている霞が関にとっても大きな痛手だ。なかでも農林水産省はOBの「指定席」だった比例区の現職2議席を一挙に失った。とりわけショッキングなのは「キャリア事務官」出身で、本省局長も経験したエリート、福島啓史郎氏の惨敗。同氏の得票数はわずか6万6千票。自民党比例候補35人中のビリから5番目だった。首相と同郷の山口県出身で、「安倍直系」を売り物に戦ってきただけに、首相の不人気と、農水省の集票力衰退のダブルパンチを受けた格好だ。一方、初の農協生え抜き候補として、比例区に挑んだ全国農協中央会(全中)の山田俊男・前専務理事は44万9千票を獲得。自民党比例区のトップ当選、舛添要一氏に次ぐ高得票で、農協集票パワーの健在ぶりを見せつけた。山田氏は早大出身の60歳。全中の大卒プロパーのトップとして、農水省と各地の農協 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。