ダウジョーンズ身売り CEOがマードックに「内通」

編集権の独立を捨てかねないと非難囂々。「買収屋」に漁られた米名門メディアの行く末は……。

2007年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

米名門メディア企業のダウジョーンズ社は今年5月、かつてソフトバンク社長の孫正義と組み、テレビ朝日株を取得して日本でも大きな話題を呼んだルパード・マードック率いるニューズ・コーポレーションから買収提案を受けている、と発表した。この買収提案は、インターネットの普及などによって広告・販売の両面で「構造的不況」業種になりつつある日本の老舗メディアにも興味を持たれ、大きく報じられた。ニューズ社は、ロンドンタイムズ、20世紀フォックス、FOXテレビなどの大手新聞社や映画会社などを傘下に収めるオーストラリア発祥の世界的な複合メディア企業だ。発表から僅か3カ月の間に交渉は急ピッチでまとまり、8月1日、買収交渉は成立。ダウ社の身売りが決まった。この交渉では、ダウ社傘下の米経済紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が編集権の独立を維持できるかどうかが最大の関心事 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。