新浪 剛史氏 ローソン社長

パイレーツ・オブ・行動派

2007年8月号 連載 [経営者のひきだし 第16回]

  • はてなブックマークに追加

「言語は常に出(いだ)し易く、理行は常に虧(か)け易し」――立派な言葉は、いつでも出しやすい。でも、理にかなった行動は、ないままに終わりやすい。そんな意味である。よく知られる江戸後期の禅僧・良寛の言葉だ。良寛は、法を教えるには、言葉で説くよりも自ら実践で示すほうがどれだけ大事か、と考えた。だから、自らに対し、言葉の多さや喧しさ、話の長さやくどさを戒め続けた。だが、凡人には、何事も言うは易く行うは難し、である。地方の経済力の衰退と高齢化、そして大都市部との格差拡大。これらを日本の将来にとって重大な問題ととらえ、「解消すべき」と声を大にする経済人は多い。だが、その解消に立ち向かう人、そこに事業の価値を見いだす人は、ほとんどみない。時代は、真の行動派を求めている。百の言より一つの行動。それを貫こうとしている経営者が、この人だ。新浪剛史さん。ロー ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。