北朝鮮系信用組合に初のペイオフ発動か

2007年8月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

朝鮮総連中央本部をめぐる詐欺事件で緒方重威・元公安調査庁長官の逮捕は、捜査当局の背後に横たわる闇を窺わせた。事件の端緒となった整理回収機構(RCC)の朝鮮総連に対する約627億円の債務返還訴訟は、東京地裁判決でRCCが勝訴したことで、朝鮮総連中央本部が入居する朝鮮中央会館は事実上、RCCに差し押さえられた。この結末が思わぬところへ飛び火する可能性が出てきた。北朝鮮系の信用組合に対する「わが国初のペイオフ発動」である。1997年5月、北朝鮮系の信用組合である朝銀大阪が経営破綻し、その受け皿として近畿地区の5朝銀(滋賀、奈良、和歌山、兵庫、京都)と経営統合した朝銀近畿が発足した。翌98年には、この朝銀近畿に政府は約3100億円の公的資金を投入。これを皮切りに全国で朝銀が経営破綻し、そのつど、公的資金が投じられ、政府が北朝鮮系信組に投じた公的資金総額は1兆3600億円に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。